TwinkleBLOG

会員限定
福袋
コスメ・雑貨
UVカット・うるおい
ベースカーブ
ケア用品
クリアコンタクトレンズ
モアミー
プレゼントキャンペーン
お得なまとめ買いセット
テスト
アウトレット
価格改定
3箱購入で一箱無料キャンペーン
人気アイテム
度あり・度なし
レンズ直径
その他

知っておきたい!環境に配慮した正しいカラコンの捨て方

知っておきたい!環境に配慮した正しいカラコンの捨て方
◎カラコンの捨て方が問題になる理由
1990年代頃からカラコンが普及しはじめて約30年、カラコンはデザインも機能も進化を続けてきて、若い世代を中心に以前より手軽に楽しめるアイテムとなりました。

ところで、みなさんは使い終わったカラコンを捨てる時に、どのように捨てていますか?カラコンやカラコン容器の捨て方で迷ったことはないでしょうか?
2019年に一般社団法人 日本コンタクトレンズ協会が消費者実態調査を実施した結果、約30%の人がゴミ箱以外の捨て方をしていることが報告されています。
ゴミ箱以外の捨て方とは、例えば洗面所や流し、トイレやお風呂といった水回りの箇所があげられています。
ショッピングセンターや駅のトイレで、コンタクトレンズやカラコンと思われるレンズや容器が、鏡の前に放置される捨て方を見かけたことがある人もいるかと思います。
1日使い捨てタイプでお手入れが気軽なワンデーカラコンや、2週間で交換する2ウィークカラコンの人気を裏返すと、その分カラコンやカラコンケースを捨てる機会は増えているのではないかと考えられます。
若い世代を中心に広く普及しているカラコンだからこそ、今回は、正しいカラコンの捨て方をお伝えしていきます。





◎カラコンの捨て方が問題になる理由

カラコンを使っている人のなかには、「カラコンの捨て方がなぜ問題となるの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。
問題になる理由はきちんとあり、その理由のひとつとしてあげられるのが、正しい捨て方をしないとカラコンが排水管に詰まってトラブルになる可能性があるからです。洗面台や浴室は排水管の直径が小さいのはもちろん、もう少し直径が大きくて水量のあるトイレであっても、液体や水に溶けるようなものを流すことを考えて作られています。そこへ水に溶けないカラコンを流すと、溶けずに詰まってしまうことがあるんです…!
 
特にカラコンが入っている容器やカラコンのフタは、水の流れの中でも形状が変わりにくいのと、素材の硬さゆえに排水溝の詰まりの原因になってしまうこともあります。
1度詰まらせてしまって自分で取り除けない場合は、駆けつけてくれる専門業者を自分で呼ぶか、大家さんや建物の責任者を呼んで対応しなければならなくなります。「想定してなかった修理費用がかかってしまった…」、「トラブルを起こして周りに迷惑をかけてしまった…」とならないように、まずは正しい捨て方を確認することが大切です。
 
知っておきたい!環境に配慮した正しいカラコンの捨て方
◎プラスチック製のカラコンの環境問題
カラコンの大きさはたった十数ミリのサイズです。「たっぷりの水でカラコンを流せば問題ない捨て方では?」、「排水管に詰まるなら屋外や下水に直接捨てれば問題ないのでは?」と思う人もいるかもしれません。ですが、プラスチック製品が環境汚染の原因のひとつといわれているので、プラスチックで作られているカラコンの捨て方は注意する必要があります…!
プラスチックという素材は安くて加工がしやすく、あらゆる商品に活用されています。プラスチックは私たちの身の周りで使われている、容器やフタ、ビニール袋、ラッピングなどの包装、発砲スチロールなどの梱包材、ラップフィルム、ペットボトル…など、数えきれないほどの場所で使われているとても便利な材料です。そんな便利なプラスチックですが、きちんと分別して正しい捨て方をしないでポイ捨てしてしまうと、風や雨や紫外線で壊されてどんどん小さくなり、最終的に海に流れ着いて、5ミリメートル以下の小さい「マイクロプラスチック」として半永久的に海を漂うことになってしまうのです…!
 
このマイクロプラスチックは生き物が誤って体に取り込んでしまうだけでなく、「貝や小魚といった小さな海の生き物⇒もっと大きい海の生き物や鳥⇒人間」というように、より大きな動物が食べることで体内に一緒に取り込まれ、排出されることなく体のなかにどんどん蓄積していくと考えられています。
その影響はまだわかっていないことが多いものの、生き物のサイズによっては内臓に詰まる・傷つくといった物理的なダメージがおきたり、有害物質を含んだプラスチックが人間も含めた生き物の健康に悪影響を及ぼすのではないかと考えられています。
そんな恐ろしいマイクロプラスチックは、形が小さくなっても自然のなかで分解されることはなく、広い海から小さなマイクロプラスチックを回収するのも現実的に困難なため、自然のなかに存在し続けるうえに日々量は増えていく一方なのです。
いま問題となっているプラスチックごみは、なんと世界で1年間におよそ800万トンが海に流れ出しているともいわれています。私たち人間ができることとして、「これ以上誤ったプラスチックの捨て方をしないようにしよう」、「正しい捨て方で処分して自然へ放出する量を減らそう」と世界中で考えられ、実行されようとしています。
プラスチックでできているカラコンやカラコン容器も、正しい捨て方や分別方法を心がけていきたいですね◎
 
知っておきたい!環境に配慮した正しいカラコンの捨て方
◎カラコンやカラコン容器の正しい捨て方
それでは、カラコンやカラコン容器の正しい捨て方ですが、いったいどうすればよいのでしょうか?おおむね次にご紹介するような捨て方がありますが、それぞれの区市町村ごとに、地域の実情等にあわせた捨て方のルールが定められています。
カラコン商品のパッケージなどには資源の分別回収や有効利用を促進するために、何の素材で作られたものか識別する表示が記載されているので、それらを参考にして捨て方を決めてくださいね。
 
まずは、カラコン本体の捨て方です。
レンズの特性でソフトコンタクトレンズに分類されるカラコンは、主にプラスチックでできているため、捨て方は燃えるごみか、自治体によっては不燃ごみとなります。
カラコンは水分がなくなると他のものにへばりついたり、乾燥したカピカピの状態で衝撃があると割れてしまうことがあります。そのため燃えるごみの捨て方をする地域の場合は、カラコンを外したらティッシュに包んでゴミ箱に捨てるのが良いでしょう。

カラコンが入っている容器の捨て方については、まずカラコン外箱は「紙マーク」の識別表示があれば捨て方は燃えるごみや古紙回収になります。

カラコンのフタはアルミ製のため、捨て方は燃えるごみ(自治体によっては不燃ごみ)として処分します。

カラコンが入っている容器(ブリスターケース)の捨て方も、素材がプラスチックでできているため、燃えるごみまたは自治体によっては不燃ごみとして処分します。

通販販売のトゥインクルアイズでは受付をしていませんが、ポリプロピレンという素材で作られたブリスターケースはリサイクルに適した材料なので、使用済みのブリスターケースを回収するプロジェクトに参加する回収協力施設へ乾かして持ち込むのも良いでしょう◎


次に、カラコンを使うために必要な商品の捨て方も一緒にご紹介をします。
まず2ウィークやマンスリーのカラコンを利用する人にはお馴染みの洗浄保存液ですが、外箱は「紙マーク」の識別表示があれば、カラコンの外箱と同様に捨て方は燃えるごみや古紙回収です。

カラコン保存液のボトルには「プラマーク」が付いているので、自治体の捨て方の方針に従ってプラスチック回収や不燃ごみで処分します。


カラコンを保存するケースは、プラスチックでできているため、捨て方は燃えるごみまたは自治体によっては不燃ごみを選びましょう。すぐにゴミになるのはもったいない、お金がかかると思う人もいるかもしれませんが、カラコンケースは使っているうちに目に見えない小さな傷や汚れがどうしても蓄積していってしまうもの。
そのためカラコンケースは大体1か月から3か月くらいを目安に交換して、目の安全を守りながらカラコンライフを楽しんでくださいね☆

 
また目薬はドライアイのカラコンユーザーのマストアイテムともされていますが、みなさんはどのように処分していますか?
目薬は、そのままポイっと捨てるのではなく、中身の捨て方は水の汚染を防ぐためにティッシュなどに吸わせて燃えるごみへ、「プラマーク」の容器の捨て方はプラスチック回収や不燃ごみで処分します。
 
知っておきたい!環境に配慮した正しいカラコンの捨て方
◎格安通販トゥインクルアイズのおススメカラコン
今回はトゥインクルアイズの通販で人気のシリーズのなかから、ブラウン系のレンズを3点をご紹介します☆


ギャルらしく「とにかく盛れる!」を意識したデザインとカラーの『TwinkleEyes1day PeachSeries』(ピーチシリーズ)。同じシリーズのドーリーハニーはイエローベースで猫目みたくなれますが、ドーリーショコラはイエローの代わりにチョコレートブラウンの落ち着いた可愛い色味を使いました☆ギャルメイクはもちろん、ナチュラルメイクにも使える万能さが嬉しいレンズです♪DIAは14.5mmとトゥインクルアイズで扱うレンズでは1番大きく、ブラックのフチがしっかりしているので、大きくて甘可愛い瞳が作れちゃいます☆



尾崎紗代子さんプロデュースの『TwinkleEyes1day SecretSeries』(シークレットシリーズ)でも人気のブラウンベージュです!こちらは明るめのゴールド系ブラウンをベースにした3トーンの構成で、発売当初から不動の人気を誇る人気のカラーのひとつです。ここまで鮮やかに綺麗に発色できるブラウン系カラコンはなかなかありません!大小のドットと3色のカラーで彩った放射デザインとこだわりのフチのデザインが、瞳に立体感を作ります。


 



誰にでも似合うナチュラルハーフeyeを目指すなら『TwinkleEyes1day HalfSeries』(ハーフシリーズ)。明るめのイエローブラウンカラーのベースに、中心部分にはインパクトのあるオレンジ系や黒系のドットが散りばめられているので、黒目・茶目の多い日本人の瞳の色になじみつつ、立体感もインパクトもバッチリ☆フチのグレーの色味が絶妙な存在感とバランス感をキープするので、強すぎない絶妙ハーフeyeを作ってくれるのが嬉しいポイントです! 



 
◎トゥインクルアイズのカラコンご利用者様の声


○東京都 20代 女性

ピーチシリーズのドーリーショコラをつけてると、「どこのレンズですか?」って毎回聞かれるくらい、盛れすぎておすすめのカラコンです!ブラウン系がほしくて即買いしたのがきっかけだったけど、好評だったから最近はドーリーショコラばかりリピ買いしてます☆
今の暗髪ヘアとの相性も◎だけど、今度明るい髪の毛でもつけてみようと思います!


○埼玉県 10代 女性

愛してやまないカラコンといえばトゥインクルアイズのブラウンベージュ!
実は高校生のときからずっと愛用しています☆発色が最高でエキゾチックにがっつり盛れるので、ヌーディメイクで大人っぽく仕上げるのもとっても良き◎
この発色はとってもお気に入りポイントで、リピ買いしています♪
 
 
○長崎県 10代 女性

つけるだけで手軽にハーフ系eyeになれちゃうハーフシリーズ・アッシュブラウンを使っています!
グレーのフチ×イエローブラウンの組み合わせで、外国人っぽい瞳になれちゃいます。存在感バッチリの高発色に、着色直径が程よく大きいので、盛れる感がとっても絶妙ですよ!
今は金髪×ロング×パーマにしていて、組み合わせた感じの相性も好きです♪
 
知っておきたい!環境に配慮した正しいカラコンの捨て方
◎カラコンは人や環境に優しい捨て方を
カラコンの正しい捨て方を知る機会はなかなかないし、友達とカラコンの捨て方について聞いたり話したりすることも滅多にないと思います。カラコンやカラコン容器の捨て方が水回りのトラブルだけでなく、環境問題につながることに驚いた人もいるかもしれません。
ポイントなのは使うことがNGなのではなく、正しく処分をすることが大切です。

カラコンの捨て方は区市町村によってルールが違うこともありますが、カラコン商品のパッケージにある識別表示を見ながら捨て方を決めましょう。

カラコン通販のトゥインクルアイズでは、今シーズンも可愛いカラコンを格安で販売しているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪
 
Share
Facebook
Twitter
Line